モルディブホテル記
モルディブリゾートの楽しみ方

モルディブリゾート

モルディブのホテルといえば水上コテージ。

まず頭に浮かぶのは白い砂と透き通った海の上に点々と浮かぶ水上コテージだと思います。

旅行会社のパンフレットやインターネット、テレビの番組などでたまに目にするくらいで、一生に一度くらいは訪れたいと考えている夢の世界です。

私自身も一度しかモルディブには行ったことがありませんが、機会があればもう一度行きたいと思っています。

実に魅力的なモルディブですが、いくつかの面で他のリゾートよりも難易度が高い所があります。

金額

少し、贅沢な旅行になります。

モルディブ自体、宿泊と飲食がオールインクルードのリゾートから超高級リゾートまで様々ですが日本でもメジャーなグアムなどの旅行先から比べると贅沢な旅行です。

リゾート自体も割高な上、インド洋に浮かぶモルディブにたどり着くためには飛行機を乗り継いでいく必要があるので、直通便があるグアムやアジアリゾートと比べると、どうしても費用が高くなってしまいます。

時間

モルディブに行くためには直通便がないので飛行機の乗り換えが必要になります。

ですので、時間も体力も使います。

具体的には、最短ルートで行っても 日本→マーレ→リゾート という経路を辿るのが一般的です。

ですので、マーレで一泊が必要になりますので、2泊分の時間が余分に取られてしまうのです。

同行者

モルディブのリゾートは静かな大人な場所。
それも、グレードの高いリゾートになればなるほど大人率が上がっていきます。

ですので、グアムやハワイのように家族連れでキャッキャとするには少し気を遣う必要があります。

実際、私が行ったときにも家族連れは皆無ではありませんでしたがどちらかと言えばヨーロッパの年配の方が、静かなビーチの木陰や白砂のロビーの椅子で一日中読書を楽しんでいるというイメージでした。

船やヨット、スキューバなどを楽しむ程度、多少のマリンスポーツはありますが、どちらかと言えばゆっくりと過ぎる時間を楽しむ場所という印象が強いです。

もちろん、家族むけのモルディブリゾートもありますので家族連れならそういう所なら気兼ねなく楽しめると思います。

たくさんのリゾートがあるモルディブでは、リゾートごとの「色」を知らないと、楽しむはずの旅行が逆に気を遣う事になりかねないので注意が必要です。